アボダートと体性について

アボダートはグラクソ・スミスクラインが発売しているAGA治療薬です。アメリカのFDAではAGA治療薬として承認されていますが、日本ではAGA治療薬としては未承認となっています。しかし、有効成分であるデュタステリドは前立腺肥大症の治療薬として、日本でも承認されており、アボルブという商品名で販売されています。そのため、AGA治療薬として入手するには、個人輸入もしくは、アボダートを扱う医師からでしか入手できません。アボダートはI型II型両方の5α-リダクターゼを抑制する効果があり、プロペシアなどII型の5α-リダクターゼしか抑制できないものよりも効果が高いと言われています。
しかし、アボダートはには長期間使用すると、薬剤耐性ができる可能性があるとも言われています。そのため、長期間使用すると効果を持続するために使用量を増やしたり、アボダートを止めてしまうと使用する前よりもAGAが進行してしまうというリバウンドの懸念もあると言われています。ただし、製造元のグラクソ・スミスクラインによると、アボダートは使用している限り効果が続くと公式に謳っており、このような耐性を示す示唆はありません。そのため、耐性ができるかどうかという問題は、公式には認められていないが、使用する人によっては耐性が出来てしまうと感じる場合があるとしか現時点では判断ができません。
その他、アボダートを使用する際には幾つか注意事項があります。AGA,前立腺肥大症いずれも男性に発症する病気なので、絶対に女性に使用してはいけません。特に、妊娠中の女性、幼児に対しては禁忌とされており、水にぬれた薬剤をさわるだけでもけい皮吸収される恐れがあるので注意しなければいけません。また、まれですが、乳房のふくらみ、乳首の痛み、勃起不全や肝臓機能の低下などの副作用が報告されています。