アボダートによる副作用まとめ

アボダートはデュタステリドを主成分とした育毛剤です。もともとは前立腺肥大症の治療を目的に使われていました。ところが男性型脱毛症にも効果があることが確認されています。

前立腺肥大症の治療と脱毛の治療、いったいどのような関係があるのでしょうか。両方とも原因は同じなのです。ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが変化して作られる物質が前立腺肥大の原因であるとともに、頭皮の毛乳頭細胞の働きを低下させ抜け毛を起こさせているのです。

男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変化させるときに重要な働きをしているのが5αリダクターゼという酵素です。アボダートはこの酵素の働きを抑制することで脱毛を改善します。

気になるのは副作用です。どのようなものがあるかみていきましょう。ホルモンに働きかけるため、性欲の減退や勃起率低下、精液内の精子の減少などがおきることがあります。また長期間使用することにより耐性がつき、薬が効きにくくなり、量を摂取する量を増やさないと効果がなくなるというリスクもあります。

もちろんこれらの副作用は多くの人に発現するわけではありません。また男性ホルモンであるテストステロンそのものの働きを阻害するものではありません。テストステロンは必要なもので、筋肉増大や骨格の幅や厚みの発達など男性らしい身体を作るために必要なものです。テストステロンが減少してしまうと男性更年期をひきおこすことがあります。

アボダートは男性ホルモンそのものではなく、あくまでも代謝物として作られるジヒドロテストステロンの生成を阻害する作用をするものであり、従来の男性型脱毛症治療薬とくらべて副作用の軽減が期待されている薬でもあります。