アボダートの効果と使用方法

アボダートとはイギリスの製薬会社である、GSKファーマによって製造が行われているAGA治療となります。
主成分であるデュタステリドに関しては、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたものとなります。
副作用としてAGAの原因とされるDHTへの変化を抑制させる効果がわかったために、現在においてはAGA治療薬として使用されています。
アメリカの食品医薬品局で承認されている医薬品となりますので、高い安全性も保証されています。
AGA治療としてはプロペシアなどに代表されるフィナステリド剤と比較しても、高い効果があると考えられています。
アボダートに含有されているデュタステリドは、脱毛の大きな原因となる5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があります。
プロペシアなどは5αリダクターゼの2型への効果を発揮しますが、アボダートに含まれているデュタステリドは5αリダクターゼの1型と2型に対して有効な効果を発揮することが可能になるために、プロペシアの主成分であるフィナステリドよりも協力にAGA治療が行えます。
現在販売が行われている、育毛剤や発毛剤の中でアボダートは期待値の高いAGA治療と言えます。
アボダートの使用方法としては、1日に1回経口によって服用を行います。
効果を実感できるまでには個人差があるものと言えますが、多くの方の場合で半年ほどの服用が必要になります。
1日に1回、1錠から5錠を食後に服用します。
脱毛症の症状に応じて容量が異なるものとなりますので、異常が見られたときには医師に相談するようにしましょう。
日本では未承認の医薬品であすので、病院でAGA治療の診療を受けても処方されることはありません。
購入する際には、海外医薬品の個人輸入代行業者が運営している通信販売を利用して購入することになります。