アボダートの有効成分デュタステリドとは

アボダートとはもともとイギリスの会社が販売を開始した製品で、従来では前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。
現在では男性型脱毛症であるAGA治療薬として使用されるケースも多くなっており、他のAGA治療薬であるプロペシアなどに比べた場合でも効果が高いものと考えられています。
アボダートがプロペシアと比較したときに、AGA治療に対する効果が高いと考えられている理由としては、主な有効成分であるデュタステライドが要因となります。
デュタステライドには、薄毛や抜け毛の最も大きな原因であると言える5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があります。
プロペシアなどのAGA治療薬の場合にも5αリダクターゼの働きを抑制させる効果がありますが、5αリダクターゼにはI型とII型の2種類のものがあることがわかっており、プロペシアはII型を抑制させることしかできません。
それと比較してアボダートに含有されているデュタステライドの場合には、5αリダクターゼのI型とII型を同時に抑制させることが可能なので、プロペシアの主成分であるフィナステリドよりも強力なAGA治療の効果があると言えます。
近年、販売が行われている育毛剤などの商品の中で、アボダートが使用されているものが最も期待値が高いとものとなっています。
5αリダクターゼは男性ホルモンと結合することによって、薄毛の原因となるDHTへと男性ホルモンを変化させてしまいます。
これによって男性型脱毛症が発症してしまうと考えられていますので、5αリダクターゼの働きを抑制させる力が強い薬のほうが、より一層AGA治療に効果が高いものと言うことができます。
アボダートの場合には、プロペシアよりも副作用が起こりやすい医薬品と言われています。
服用している途中に異変を感じたときには、服用を中止することが大切です。